買取のために旧タブレットから新タブレットにデータを移行する方法

高値で売れるタブレットとは?

タブレットの買取を依頼するというのであれば、その前に旧タブレットから新タブレットに対してデータの移行をするべきではないでしょうか。旧タブレットのデータが新タブレットにおいても反映されていれば、継続性が図れるということがあります。ここでは代表的なタブレットであるiPadやAndroid型のデータ移行の仕方について解説いたします。

iPadにおけるデータ移行の仕方

iPadにおけるデータ移行の仕方はパソコン上で利用ができるiTunesを利用して行う方法とiCloudを利用する方法の2パターンがあります。要するに、旧データの退避場所としてパソコン上のiTunesもしくはデータ保存のためのiCloudを利用するのかということになります。iTunesがパソコン上に無いならば、自分であらかじめインストールをしておいてください。旧iPadのデータをこれらの場所にバックアップとして退避させてから、新iPadに対してバックアップデータをそこから復元すればいいです。

Android型におけるデータ移行の仕方

旧タブレットと新タブレットがWi-FiもしくはBluetooth通信をオンの状態で行います。旧タブレットから設定を選んでバックアップとリセットを選んでから、データのバックアップを行います。続けて新タブレットから設定を選んでバックアップと復元を選んでから、自動復元を行うことによって、データの移行が完了します。

データの移行を買取を依頼する前に行う

データの移行については必要なデータが旧タブレットについてあるということであれば、必ずやっておいたほうがいいことになりますので、これらのやり方を見て自分たちでやってみてください。

関連する記事

Comments are closed.